実は、将来的に見ると長持ちしない!?その○○工法とは?

一口に屋根のメンテナンスといっても、様々な工法があり、耐久性や費用も様々。
現状の住まいの状態と今後のお客様のご要望を踏まえて最適な工法を判断し、施工する必要があります。

結果、大規模な工事が必要となれば、負担いただく費用も大きなものになります。
「ちょっとでも安く抑えたい・・・」という心情はお察しします。
しかし、せっかく高いお金を支払ってリフォームする以上、目先の費用だけにとらわれるのではなく、長い目で見た時に大切な住まいを風雨から守り続けることができるかどうか 工法のメリット・デメリットも含めて、しっかりとご検討いただくことが大切です。

このページでは、一見するとお得に見えるのですが、長期的に見た時に長持ちしない、そんなリスクもある工法に関して、お伝えしたいと思います。
まずは、代表的な工法をご紹介します。

 

工法は、葺き替えとカバー工法の2種類

瓦の施工方法は、葺き替えとカバー工法があります。


カバー工法とは、現状の屋根材から新しい屋根材をかぶせる(カバーする)工法のことです。
塗装よりも長持ちし、既存の屋根材の解体や処分する手間がかからないので、コストを安くできるうえ、廃材も少ないエコな工法です。


葺き替えとは、すでに葺かれている屋根材を撤去して、新しい屋根材に葺き替える工法です。
古い屋根を撤去することにより、下地などもメンテナンスできます。
地震や台風に強い工法で施工をすることで、耐震面でも安心です。


弊社では葺き替えをおススメしております。
何故カバー工法をおススメしないかは、2つのポイントにわけて記載しておりますので、是非ご覧ください。

 

ポイント1:既存の屋根を撤去しないから建物自体に腐食が広がることも

古いスレートの多くには、アスベストなどの有害物質が含まれていることが多くあります。あなたはそのような有毒物が頭の上にあって、安心して生活できますか?

また、古い屋根材(スレート)には、必ず雨水の水分が含まれています。その水分がふくまれている屋根材を新しい屋根材で覆ってしまうと、ますます乾燥されません。
以前、弊社が点検・調査にお伺いしたお住まいでは下地が腐食された状態で施工されたためか、建物内部まで被害が進行している例もありました。こういった状態になってしまうと、最悪の場合、屋根の下地まで腐食してしまい、屋根の骨組みそのものが崩壊する可能性も否定できないのです。

いくら表面を綺麗な新しい屋根材で覆っても、それは見栄えだけです。一番大切なのは、見栄えではなく雨風から生活を守るその機能ですよね。

 

ポイント2:今後の修繕費が高くなることが多い

既存の屋根材があるボコボコした部分に、防水紙を乗せざるを得ません。理屈的には二重防水になるが、ボコボコした部分に防水紙を貼ると傷みやすいのは事実です。
産廃も出ないので、確かに初期費用も安いのですが、10年20年経ってくるとどうしても劣化が出てきます。
さらには屋根構造が単純に二重になる為、雨漏りなどが発生した場合、その原因特定が困難になり、その修理費用が高額になる傾向があるのでおススメしません。

また、太陽光発電の設置も難しくなります。施工できないことはないのですが、他の工事で対応した方が費用の面でもお得ですので、後からの設置を考えている方にはカバー工法はおススメできません。

 

最後に

代表挨拶ここまでお読みいただきありがとうございます。

屋根リフォームをご検討の際は、屋根の劣化状況はもちろんのこと、工法や屋根材もあわせて把握することで、より住まいを長持ちさせる質の高いメンテナンスに繋がります。

今後もホームページを通じて情報発信していきますが「もっと詳しく知りたい」「わからないことを教えてほしい」という方は、どうぞ遠慮なく私たちにご連絡ください。

代表取締役 村山 大典

村山瓦について

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

  • お気軽にご相談ください
私たちが高知の皆様に選ばれる理由とは?
  • WEB検定屋根価格表
  • 屋根リフォーム
  • 雨漏り修理
  • 瓦修理
  • 雪止め設置
  • 雨樋修理
  • その他
  • 葺き替え工事とは?
  • カバー工法とは?
  • 雨漏り診断
  • 屋根価格表